12/11/2018

自身の成長や高度な医療に触れられる医療現場に関する話

大学病院は、一般的な病院や個人病院とは異なる役割を持っている。その役割とは、診療と研究、そして教育といったものだ。大学病院では、若い医師や研修生の教育という役割を持っており、そのことから、大学病院の看護師に求められる適性というもの他の病院とは異なってくるのだ。

大学病院の看護師は、一般病院よりも患者の看護業務に集中できるという特徴がある。一般病院では、看護師が採決や点滴、患者の移動補助などを行うが、大学病院では医師や看護助手が行う。また、大学病院では、医療体制も異なる点がある。大学病院では、医師ばかりで治療を行うのではなく、ソーシャルワーカーや作業療法士、看護師など、あらゆる専門家がチームとなって患者のケアに当たることが多い。そのため、大学病院で働く場合は、看護師にはいくつかの適性が求められるのだ。

まず一つ目は、チーム医療を実践していることから、看護師以外の他の専門家ともコミュニケーションを取ることができるかということだ。また、大学病院には教育という役割があり、ベテランの看護師などは、若手の医師や研修医へのアドバイスも時には求められる。だから、強い責任感と精神的なタフさが必要なのだ。同時に、看護師自身が学び続ける姿勢というものも欠かせない。大学病院の看護師に限ったことではないが、看護師には医療現場で働く者にとって重要な精神的なタフさとルールを守る精神が必要なのだ。さらに、オンとオフの切り替えが優れていると、優れた適性があると言える。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ