11/21/2018

自身の成長や高度な医療に触れられる医療現場に関する話

現役の看護師として働いている人で、今後スキルアップしたいのであれば、転職も視野に入れる必要があるだろう。今よりも多くの仕事を経験出来る医療施設や医療レベルが高い大学病院などで働くことができれば、スキルアップをすることが可能だ。

しかし、スキルアップしやすい医療施設の求人は応募者も多く、競争率が高いのが現状だ。そこで、大事になるのが競争率が高い医療施設から無事に内定をもらえるように準備することだ。例えば応募者が多くても、採用試験で高い評価をもらうことが出来れば十分、採用される可能性はある。ただし、採用試験で高い評価をもらうためには、それなりの準備が必要になり、簡単ではないことを理解しておいてほしい。

まず、看護師として働いている人は、今の職場で一人前になることだ。一通りの看護業務が丁寧でしかも一定のスピードで出来るようになると高く評価されるだろう。転職は即戦力となれる人材を募集しているケースが多いので、経験が一番採用試験で高い評価をもらうことが出来るのだ。看護師として一つの医療機関で長く勤務しているほど、多くの経験をしてきた証になるので、今まで看護師としてどれだけの期間勤務してきたのかは重要である。また、正しい応募書類の書き方や面接試験対策なども時間をかけて行うことがポイントだ。履歴書だけでなく、職務経歴書には、勤務先で担ってきた仕事を詳しく書くようにして、その経験を応募先の医療機関でどう活かしたいのかをしっかりとアピールしよう。このような点を意識して転職活動を行えば、大学病院や最先端の医療が学べる医療機関でも、十分に採用のチャンスは得られるだろう。